フットプリントライブラリを新ライブラリ形式に更新する

性懲りもなくKiCad version 4.0.0 RC1のお話です。

ここではCQ出版社 "トランジスタ技術 2013年5月号" の付録 CD-ROM にある "USBヘッドホン・アンプ基板" フォルダ以下を "\user\CQPCM2704A2" へ持ってきています。これらのファイルは BZR 3256 で製作されたもののようです。例題に都合良いということで利用させていただきました。

今回の作業ではプロジェクトファイル (.pro) は更新されません。
参照ライブラリを決定する "fp-lib-table" というファイル、フットプリントライブラリ (.pretty) フォルダが新規に作成されます。

しかし実際のプロジェクトをいじる場合は必ずバックアップを残して下さい。


では本題です。


以前の stable バージョンといくつかのファイルの扱いが変更されました。
大きな変更の一つは、フットプリントライブラリの構造です。

以前のものは .mod ファイルで、1つのファイルに複数のモジュールが入ります。
新しいものは .pretty フォルダで、フォルダ内に1モジュールごとに .kicad-mod ファイルがあります。

手始めに今回はこれを更新します。


"ファイル" → "プロジェクトを開く" を選び、

a0174077_04083672.png

プロジェクトを開きます。

左側のファイルからは見えていませんが、このプロジェクトでは、

cq_logo.mod
kicad_logo.mod
mylib.mod

の3つのモジュールファイルが使われています。

最初に、作業を進めるためにこのプロジェクトにこれらのライブラリを追加します。

"フットプリントエディタ" のアイコンをクリックし、
フットプリントエディタを開きます。

"設定" → "フットプリント ウィザード"をクリック。

a0174077_04091195.png

"フットプリントの追加ウィザード" が開きます。
追加するライブラリを聞いてくるので、
"このコンピュータにあるファイル" のまま "Next>"をクリック。

a0174077_04092495.png

"追加するファイルかフォルダを選択" を聞いてきます。
ここでは3つ、

cq_logo.mod
kicad_logo.mod
mylib.mod

のモジュールを選び、
"Next>" をクリックします。

a0174077_04094329.png

追加するライブラリを確認してきます。
フォーマットが "Legacy" になっていますね。
"Next>" をクリック。

a0174077_04100184.png

このライブラリをどう追加するかを聞いてきます。
ここでは、"現在のプロジェクトのみ" にします。
"Finish" をクリック。

これでこれらのライブラリがプロジェクト追加されました。
最初に "cq_logo.mod" を編集します。


フットプリントエディタの、
"ファイル" → "アクティブなライブラリの設定" を選びます。

a0174077_04101968.png

"ライブラリの選択" が開きます。
"アイテム" のリストをスライドすると、一番最後に、先ほど追加したライブラリが見えるはずです。

a0174077_04103360.png

まず "cq_logo" を選んで、"OK"。

a0174077_04104735.png

"(アクティブなライブラリ:cq_logo)" となりましたね。
"ファイル" → "現在のライブラリを名前をつけて保存" を選びます。

a0174077_04110402.png

"フットプリント ライブラリのフォルダを指定" が開きます。
"参照" をクリックし、新しく作成するライブラリの保存フォルダを選びます。(通常は同じフォルダが良いでしょう)

a0174077_04111892.png

"ライブラリパス (prettyフォルダ)" にフォルダ名がコピーされたら、"\cq_logo" を加えて、"OK"をクリック。

a0174077_04113400.png

これで "cq_logo.mod " が "cq_logo.pretty" に変換されました。
"OK" をクリック。

これを、

kicad_logo.mod
mylib.mod

に対しても同様に行います。


新たに作成されたライブラリ (.pretty) はプロジェクトと繋がっていません。それどころか古いライブラリ (.mod) が繋がったままです。
そこでこれを入れ替えておきましょう。

"設定" → "フットプリント ライブラリの管理" を選びます。
"PCBライブラリ一覧"が開いたら、
"プロジェクト固有のライブラリ" をクリックします。

a0174077_04120413.png

先ほどの Legacy なライブラリがありますね。
これらを "ライブラリの削除" で全て削除します。

"ウィザードを使用して追加" をクリック。

a0174077_04121768.png

"フットプリントの追加ウィザード" が開きます。
"このコンピュータにあるファイル" で "Next>"。

a0174077_04123576.png

先ほどの3つの新しいライブラリ (.prettyフォルダ) を選択し、"Next>"。

a0174077_04125559.png

追加するライブラリが表示されます。今度はフォーマットがどれも "KiCad" です。
"Next>" をクリック。

a0174077_04131124.png

このライブラリも "現在のプロジェクトのみ" にしておきましょう。
"Finish" で完了です。

a0174077_04132472.png

確かに新しいライブラリになっています。
"OK" して終了です。

[PR]
by tri-chrome | 2015-09-18 18:56 | KiCad
<< RC1を上書きインストールした... Githubのフットプリントラ... >>